2018年01月19日

sayonara NATURA1600

NATURA.jpg

いよいよNATURA1600のフィルムが。もうすぐ買えなくなってしまいます。

マッキナフォトはNATURA1600に。とーってもお世話になった写真屋さん。

カメラのほうのNATURAは何台売ったかわかりません。

そこにいるお客さん全員NATURAを持ってる。ってこともよくありました。

ブームを作った。ってこともそうなんだろうけども。

使いやすさと写りの良さの安心感。

それが、フィルムとデジタルを併用する。といった。当時の写真愛好家。主に女子カメラ層に

より一層ウケたのだと。今になって思うわけで。

当時はLOMOやHOLGA。そしてポラロイドも同時に流行りましたけど。

NATURAはひとつ飛びぬけた存在だったと思うのです。

http://fujifilm.jp/support/filmandcamera/download/pack/pdf/datasheet/ff_natura1600_001.pdf


フィルムの特性やこのフィルムを使いこなすにはこのメーカーから出ているインフォを参考にします。

今までの高感度のフィルムではありえなかった粒状性能や豊富な色を引き出してくれたのも

NATURAが初めてでした。

下手したら同じ富士のヴィーナス800よりも良いとすら思える。

そんなNATURA1600が。

やはりこの時代に流されて。

販売終了となったわけです。

ぼやいたって仕方ありませんので。

なんで無くなるんだよー!!とか。

生産継続してー!!とは言いません。

だってもう売れないんだもん。

誰も買わないんだもん。

NATURAコストかかってるもん。

そりゃあ首切られるわけです。

そういうことなんでね・・・

あとは使う人だけでね。

ある程度買いためてね。

大事なモノや風景。撮ってね。

そしてさよならすればいいんですよ。

無くなれば。人間すぐに慣れますから。

次を見つけます。

でもこんなフィルムはもう手に入らないだろうな。

伝わらない昔ばなしが増えるだけだ(笑)

そんなNATURA1600

ある程度確保しましたので。

マッキナフォト。

燃え尽きるまでNATURA1600

売ります。

焼きます。


posted by ハシグチ ギダイ at 17:55| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

マッキナフォトの写真

MCNF9972.jpg

マッキナフォトの写真教室

年も改めまして。生徒様募集いたします。

マッキナフォトの写真教室は。一般的なサークル的写真教室ではありません。

特に初心者様に向けての授業となっており。

カメラを理解して使う。カメラの仕組みを知る。

基本的な技術や感覚の習得をメインに行っています。

フイルムカメラもデジタルカメラも教えていますが。

最近は圧倒的にフィルムカメラを教えてほしい。

という方が多いです。

まあマッキナフォトはフイルムユーザーが多い店なんでね。

フィルムやりたいからって足を運んでくれる方がほとんどなんで。

でもまあ一応プロカメラマン歴27年のマッキナさんなんで。

フイルムカメラしかない頃からやってるんでね。

そこはどちらでもこいって感じです。

とにかく。マッキナフォトの写真教室は。わからないところを出して。

解決して。またわからないところを追求して。修正して。

の繰り返し。

あえて写真のいい悪いなんて言いません。

楽しく撮れているか。迷いなく楽しめてるか。

それができたらもう一人前です。

自由に撮っていい。

そこに。僕みたいな写真で食べている人間のちょっとしたアドバイスが役にたてればこと幸いです。

撮ることが好きな人。

カメラが好きな人。

写真が好きな人。

カッコだけの人。

写真好きったっていろんな人がいますから。

それに寄り添って写真の楽しさを教えられたらいいなあ。

なんて思ってます。

とくに写真プリントに興味がある人は。マッキナフォトはすぐ現像が出来て。

プリントの好みを探すのにも役立つと思います。

教室のスタイルは、ほぼマンツーマンレッスン。

5回の授業を予定しています。会場は大通西17丁目1-7の庭ビルマッキナフォトラボ。

授業日の設定は完全予約制です。時間は午前の部がAM10:00〜11:30

夜の部が18:30〜20:00

お仕事帰りの方でもご参加いただけます。

授業料は5回で¥16.200(フィルムやプリント現像代込み)

1月からすぐスタートできます。

お申込みは、電話 090-7511-6480 メール macchinafoto@ffpartner.net

よろしくおねがいいたします。
posted by ハシグチ ギダイ at 18:00| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

スマホからのプリントの注意点

さて。マッキナフォト庭ビルラボの店頭には。

簡単に自分でデジタルデータからプリントを注文操作できる。

「ワンダープリントステーション」

unnamed (3).jpg

これですがー

スマホプリントに方は・・・

このアプリをご自分のスマホにインストールしていただかなければなりません。

http://fujifilm.jp/personal/print/promotion/smartphone_print/index.html

そして。wifiを介してデータを飛ばしていただくのですけれど・・・

いろいろスマホ機種ごとにクセがありましてね・・・

できる端末とできない端末がどうやらありそうですの。

多分端末のアップデートができてなくて。

アプリやwifiの相性が合わなくなってると思うんですね。

これは想像と考察からきてるんですが・・・

若い人のスマホプリントはまあまあ上手くいくんです。

何事もなく・・・

しかし・・ちょいとご年配の方のスマホからはそうすんなりといかないんだなあ・・・

多分ですよ。多分。スマホのアップデートって概念知らないんじゃないのかな??って。

あとwifiの扱いね。

そこらへんなんでも上手くいく機能にならないかねえ。

フジフイルムさんよう〜!!!

せっかく高い機械買ってもさー

みんなが簡単に使えないようじゃ困るやろがいー

てなわけで。

スマホからのプリントはスマホの調子が大いに関係しますので。

つながらないのはマッキナのせいじゃありませんからー(笑)

残念っ!!(波多陽区)



posted by ハシグチ ギダイ at 11:45| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする