2018年04月24日

感謝の言葉とお願い。

マッキナフォト10年展。あっという間の5日間でした。

当初、期間が短すぎて効果が少ないんじゃないか?

と思っていたのですが。ところがどっこい。

短かったからこそみなさんが、今見ないと!!って思ったんでしょうね。

すごい勢いで沢山の方に見に来ていただきました。

作品参加してくれたみなさんはもちろん。

遠くは山梨、神奈川、千葉、(千葉からは3人も)からわざわざ飛行機に乗ってやってきてくれました。

SNSの拡散も効果的で。あの人の写真があるから見に来たんです!

と、初めてこのビルに来てくれたお客様も大勢。

個人の展示はもちろん。楽しそうに見ていただいたのですが。

写真の面白さや写真屋さんの仕事のことがわかってとても良い展示でした。と、

沢山の方にそう言っていただけました。

デジタルとアナログにきっちり分かれ始めた写真屋さん業界。

マッキナフォト的には、現像するフィルムはもちろんのこと。デジタルだって印画紙に光を焼き付けて現像すれば。

電気の力が無くたってキラっと光る写真にできるんです。

それには写真屋さんの機材や技術が必要なんですよー!

と、来ていただいたみなさんに解っていただけたことがすごく嬉しかったし。やってよかったなあと思ってます。

そしてこんな展示が気軽にできる庭ビルの環境に感謝しつつ。

今後もっと厳しくなるであろう写真屋さんのお仕事を少しでも長く続けられるように。

皆さんにお願いがあります。

MCNF9987.jpg

現像・プリント(同時プリント)の回数券11回分\16000(36枚撮りのフィルムの同時プリントは36枚プリントしたら¥1916)

同時プリント+USBにデータ入力の回数券11回分¥18000(上記にデータ入力¥110+¥2026)

ざっくりと約¥4000もお得です。


いまどきフィルムの写真を楽しむのも昔よりお金がかかります。

うちの仕入れ価格や経費も値上がりするばかり。

本当にギリギリの価格で出してます。

でもこの売り上げをあげるには時間が必要です。

まず、うちみたいな小さい店は勢いが必要なのです!

クラウドファンディングには頼りたくないし。還元できるものは現像品質とマッキナフォトの技術だけなので。

まずはフィルムの写真をしてる人は。ぜひこのマッキナフォトの回数券を買ってください。

この時期。ものすごく助かります!!

※ この回数券は「同時プリント」の券になります。基本的に35mmカラーネガフィルム36枚撮りに合わせた価格設定です。
  ブローニーやハーフサイズで、カラーフィルムの同時プリントをしたい方はご相談ください。多少価格を合わせた設定作ります。

※2白黒フィルム・リバーサルフィルムは現像が外注なので、このサービスは使えません。

※3期限はございません。


是非この機会にお買い求めください。

posted by ハシグチ ギダイ at 20:17| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

10年展始まりましたん

MFE_9974.JPG

14日から。「マッキナフォト10年展」庭ビルギャラリーで始まりました。

初日14日土曜日は。オープンから同時に沢山の方に見ていただきました。

18:00からのオープニングパーティーも30名超えのお客様に来ていただきまして。

みなさんにしっかりご挨拶できないほど。あれこれバタバタしてましたー

インスタにも書きましたが。今回の展示は、このブログとインスタグラムとツイッターだけで告知をしました。

店頭ではあえてしませんでした。写真の募集も参加者様のご意思だけで集めさせていただきました。

あえてこちらからのお願いはほぼしていません。

本当はあのひとの写真もお願いしたいなー

って正直思いましたけど。まあこういうのは縁とタイミングだから。

と考え。欲張らないようにしました。

でも今回は60人超えもの沢山の方に参加してもらいました。予想外です。

でも本当はもっともっと沢山のお客様の写真を私は知っています。

そんな沢山の方の写真に助けられて10年続けられました。

しかーし!正直商売としてはもう本当に辛いです。

マジで。

もし会計士さんや税理士さんにうちの会計を見てもらったら。

すぐにお辞めなさい。

と言われるに違いないです。

そのくらい厳しいです。

だから今すぐになにかアクションを起こさないといけないんです。

先日富士フイルムのフイルム数種類と白黒写真の薬品・印画紙の生産終了が発表されました。

もうショックとかそういうのじゃなくて。

「写真」そのものが。一般世間ではマッキナフォト的に言う「写真」とは違うものになっているんだな。

ってことが確信になってしまった。っていう現実を突きつけられた10年目なわけです。

でも・・・

ここまで来たらマッキナフォトの写真は別の価値がつくのではないか?

とも思い始めています。

現像が必要な少数の方への本当のサービス。

デジタルの写真しか知らない世代への銀塩写真の普及。

それを早急に高める必要があるのだと。

すっごく焦ってます。

時間と資金と体力が持つかどうか?

そして写真に対してこんな必死になってる自分は本当に正しいんか???

もっと楽する方法があるだろうにーとか・・・・

もう頭の中がパフパフになってまってるよ。

ともかく。

世の中の写真好きは色々な方向に分類されていて。

趣味や仕事や芸術や。

いろんな写真があるけれども。




マッキナフォトの作っている「写真」は。

すべて撮っているあなたの気持ちに寄り添って焼いております。

例え言葉が無くても。

何を見て。

何を写しているかをじっと理解することで。

光を焼き付ける方向が見えてくるんです。


そんな仕事をしているよ。

わかりにくいことだけどね。

時間があったらぜひマッキナフォトのハシグチに声をかけてくださいね。

posted by ハシグチ ギダイ at 12:51| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

10年記念の現像・プリント

MFE_9972.JPG

10年記念の展示のほうは14日から始まりますが。

営業のほうも盛り上げなくてはなりません!

みなさんにこれからも写真を楽しんでもらうためには・・・・

やはり写真屋さんを使っていただかないと。

営業利益が出ないと11年目突入できません!!

てなわけで。

感謝還元大セール。

4月14日から5月1日まで

「10年前のお値段で現像いたします!!」

現在薬品や印画紙の高騰とか、流通量の減少とかでね。

フィルムの価格を見てもわかる通り。生産側のコストも上がってきております。

どんな写真でも1枚1枚手補正をするマッキナフォトのプリント作り。

それはご理解いただいてるとは思いますが、大量生産の現場とはわけが違うクオリティで制作してますので

例えサービスサイズといえども現在Lサイズ1枚36円いただいております。

正直うちの処理量や原材料仕入れ価格を考えても。ギリギリの値段です。

10年前は1枚30円 途中で32円 そして36円になったわけです。

フイルム現像料金も510円が620円に

MAX1日100本あった現像がいまや・・・

まあそんなこと言ってもしゃあないか!!

前向きに行きましょう!!

10年前の価格

フイルム現像 1本520円 Lサイズプリント 1枚30円

店頭のお客様も。郵送のお客様も。デジタルで店頭端末を使われた方も。

全員対象とさせていただきます。

※  4月14日〜5月1日までに受け付けた処理に限ります。
※2 対象フィルムは35mmカラーネガの同時プリントのみ(USBデータ書き込みは+110円です)
※3 ブローニーのフィルムは現像のみ対応いたします。
※4 白黒・リバーサルなどの外注処理の現像は対象外になります。


お問合せ マッキナフォト 店主 橋口 TEL 090-7511-6480 mail macchinafoto@ffpartner.net

住所:〒060-0042札幌市中央区大通西17丁目1-7 庭ビル マッキナフォト

この機会にぜひ10年目のマッキナフォトの間違いない現像・プリントをお楽しみください。






posted by ハシグチ ギダイ at 12:46| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする