2013年08月06日

RICOH AUTO HALF E2

ちょこちょこお客さんのカメラを修理したり整備したりで

なんだかんだでカメラ分解しているハシグチです。

今日はハシグチの大好きな「リコーオートハーフ」です。

今回持ち込まれたのは、赤い波模様のパネルが楽しいE2ってモデルになります。

DSCF2705.JPG

パネルのデザインは色々なパターンがあって、こういう派手なモデルは今や貴重品になってます。

ぜんまいを巻いて巻いてシャッターを押すだけの簡単カメラ♪

見た目はおもちゃみたいですけど。

なかなか写りは良いのですよ!

000004.JPG

000011.JPG

000027.JPG

000032.JPG

000012.JPG
(FILM:FUJI SUPERIA PREMIUM 400)

ハーフのくせに400使ってもなかなかシャープにしかも色もしっかりのってるでしょ!

コダックのEKTARなんか使ったらめっちゃ良いでしょうね〜♪

久しぶりにぜんまい巻くと、なんだかいいんだわ〜!

力抜いて写真を撮る感覚を忘れたら、

このカメラでリセットするのがよろし!

すんばらし!オートハーフ!



posted by ハシグチ ギダイ at 13:01| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

Konica C35

超ひっさしぶりな中古フイルムカメラレビュー。

まあ別にそんなコーナーないけどね♪

組む組むと言っておいて、しばらく放置していた

コニカC35を仕上げましてテストしてきました。

E.JPG

この手のカメラ久々に使いましたが、

やっぱええね!

なんにも考えなくていいもん。

ただ被写体に集中して、仕上がりのイメージを強く持てば良いだけ。

これってよく考えれば携帯で撮る写真とやってることは同じなのかもね。

とにかくこの気軽さが良い。

しかし気軽さ手軽さだけでは、おいら簡単に褒めないんだなこれが。

なにせこのコニカのヘキサノンレンズ。

こんな小さなレンズでも手を抜かない。

特に渋くしっとりとした被写体にはもってこい!

怪しい質感がしびれます。

とりあえずテスト画像をば。

C.jpg

D.jpg

H.JPG

G.JPG

B.jpg
(TESTFILM/FUJIFILM100)

土と緑のしっとりと深い感じやコントラストの高い発色の仕方は

C35のヘキサノンの力です。

逆にさわやかにしてもアリなんです。

そこはネガに魂を吹き込んでみてください。

このカメラ欲しい方に譲ります♪(¥5.800)

またベース探して修理しよう〜っと

※5月中店頭・郵送にてネガフイルム写真(35mm・APS・ブローニー)の

同時プリントをご注文いただいた方に無料でCD書き込み(1本¥500相当)

を無料にするキャンペーンを開催中です!何本でもOK!

この機会にぜひマッキナフォトまで現像プリントを出してくださいね♪

(郵送の方は返送料金もこちらが負担いたします♪)

たくさんのお客様お待ちしております!!!












posted by ハシグチ ギダイ at 15:32| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

寄る(てきとーに)

DSCF2307.JPG

ここに。なんの変哲もない一眼レフがあります。

50mmの標準レンズが付いています。

今日の被写体は体長3cmのパンダさんです。

DSCF2291.JPG

今回のレンズキヤノンのEF50mmf1.8というレンズはピントが合う最短距離は45cmです。

その最短距離で撮影すると・・・

GMFE9751.jpg

こんな感じで写りますね。

被写体が小さいので。こんな感じです。

接写用のマクロレンズや接写用クローズアップレンズがなければこれ以上近寄れませんね。

まあでも。

ふんわりとぼや〜んな感じで良ければ(笑)

こういう遊びもできますの♪

DSCF2293.JPG

レンズをカメラから取り外し。さかさまにマウントになんとなく中心線を気にしながらおっつける。

マニュアルモードでなんとなく設定したISO感度とレンズは解放値なので

そこから割り出したシャッタースピードで、カメラを前後させ、

ピントがなんとなく合ったらシャッターを静かに押す。

すると・・・

GMFE9756.jpg

周辺や若干アオリが発生してるので光軸がハチャメチャですけど

こんくらい寄れます(笑)TOYカメラのノリにアタマを切り替えるとアリです♪

まだまだオレは寄りたいぜー!!!って方には・・・

まず黒っぽい画用紙を用意します。

DSCF2295.JPG

レンズがくるっと巻けるくらいの紙ね。

DSCF2300.JPG

それを、こんな風に適当にセロテープで貼り付けます。

それをまたカメラにおっつけて・・・撮ると・・・・・

DSCF2302.JPG

GMFE9761.jpg

こんなに寄れます。

まあ芯が無い画像ですけど(笑)

あくまでTOYカメラのノリで♪

こんな撮影法。今は主流じゃないですけど

昔は(今もあるけど)

レンズ逆さにするのは「リバースアダプター」

レンズの間に筒を入れるのは「エクステンションチューブ」とか「ベローズ」というオプションで

撮影してましたねー

そういうカメラ専用の器具を使えば上の写真よりはずーっとまともな接写ができましたし

チューブなら絞りが連動できます。

でも手で軸をブラしたり。

色収差ががばーっと出るのもこういう遊びモードでもよろしいかと。

最後にご注意!デジタルカメラでは内部にゴミやホコリが入らないように自己責任でやってね♪






posted by ハシグチ ギダイ at 17:58| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする