2017年08月28日

しゃしんのこれから。

8月週末の夕方にやりました。「しゃしんやさんが話す会」

おかげさまで。いろいろな方に毎回参加していただきまして。

大変ありがたいと共に。楽しかったです。

最近なかなかお客さんとゆっくりお話しする機会がなかったので。

いろいろと自分の仕事や写真について見直すことができました。

自分のための企画だったんじゃないかと。半分思ってます(笑)

そこでも言ったんですけど。写真屋の仕事って。

いまや、かなり限定された人にしか求められてない仕事なんですよね。

正直あと何年このスタイルで仕事ができるのかわかりません。

写真屋さんは。お客様の「写真」を作って売るお仕事です。

そんなマッキナはカメラマンだけやってればよかったものの。

なんでしゃしんやを初めてしまったのか??

話せばながーくなるし。すんごくめんどくさい話になるので。カットしますが(笑)

ここから写真屋さんのお話し。

写真って(ここで言う写真は印画紙に焼いた銀塩写真のこと)

最後に残る「生」のモノじゃないですか。

フィルムだけじゃなんだかわけわからんし。デジタルデータは触れないし。

あの娘のいい顔はきちんとモノとして残したいじゃないですかー

萌えアニメのフィギュアだってそうだと思うんですよ。

いろんな角度から。ベストなボリュームで見つめたいんですよね。

モニターの中の薄っぺらい世界よりも。手に触れられるモノが欲しかったりするじゃないですか。

写真は薄っぺらいけど。フィルムの中には層があって。カメラの中で光を感じた感覚が。

印画紙にもそのまま焼き付いている。って考えるだけで。

世界が膨らむじゃないですか。

写真はやっぱりそこがいいよね。膨らんでる。

フィルムはずいぶんと種類が減って、選択肢が少なくなり。

売れないから価格も上がるという悪循環が重なっています。

今フィルムを使わなきゃー 買わなきゃー って人。実はちょっと違うと思うんです。

正味な話。写真の元の印画紙をないがしろにされちゃー本末転倒なんです。

ネガフィルムの本来の目的って。印画紙に像を焼き付けるモノだから。

印画紙の需要が無くなると。もう高い現像機でデジタルのデータを焼き付ける必要もないんじゃないかと。

10年先。20年先を見据えると。

カラーネガで楽しむ写真って。もう出来ないんじゃないか?

って最近強く考えます。

デジタルを共有する行為は、SNSをはじめ、いろいろなサービスが出来て。

ドンドン便利になって。お金もかかならくなってます。

フイルムは、選択肢が減り。価格が上がってます。

いずれは淘汰されるとも思います。

淘汰されるモノには価値が無いのでしょうか?

ただ便利や手軽に流されているだけではないでしょうか?

写真の本質。本当の価値。

忘れてませんか?

知らないだけですか?

多分人生の中で。写真の(銀塩写真)ありがたみ。感じる一瞬が絶対にあるはずです。

知らないのであれば。知った方がいい。感じたほうがいい。

もしかしたら。人生を変えてしまうかもしれないのだから。

そこには絶対に。印画紙の「写真」があります。

データは・・・ないんじゃないかな?と思えてきて・・・

でも将来。カラーのフィルムや現像機やプリンターが無くなれば。

もうデジタルしかないのか??

って思うじゃないですか。

デジタルはもうあっちの方向に逝くと思うんですよね。アッチの。

写真は残るし。作れば勝手に残っちゃうし。

銀塩も最後の最後には黒・白写真だけは現像できるし。焼き付けも出来ると思うんですよ。

仕組みも簡単だし。最悪現像液は自分でも作れそうだし。昔の人は作ってたし。

だからほんとに。使う使わないは別として。

引き伸ばし機。大事にしたほうがいいと思う。

うちも、今あるデジタルプリンターがダメになったら。

もう買うつもりないもんね。

黒白暗室オンリーの現像屋にしてしまうかも。

最後の最後になったら。白黒でスタジオで撮影して。

手現像、手焼きで写真を作って。

それで収める。

そんな風になるかもな。

-------------------

便利に流されるな。

タダにつられるな。

安いにゃわけがある。

高いにゃ思いと技術がある。

いい写真とは心を揺さぶられる写真だ。

-----------------------------------


これを見ちゃった人は。

覚えておいてね。


9月は、「写真をたのしもう月間」

2日(土)早朝撮影会(6時半にDマッキナに集合)
18日(祝)フイルムカメラワークショップ ※あと3席
12日まで デジタルプリントLサイズ1枚36円を1枚30円
追加キャンペーン
※9月いっぱいまで。
「郵送プリントキャンペーン」
 同時プリントのお客様に限り。データ入力(USBかメモリーカードを同封のうえ)と、返送料金を無料!!

※プリント代がお得になる。
 「プリントプリペイドカード」近日発売予定!

9月。写真をたのしみましょう〜!!!
















posted by ハシグチ ギダイ at 14:51| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

秋は写真撮ろうー!!!

8月の。写真屋さんを上手に使おう月間。として。

週末の金・土の6時から。マッキナの、他所では言わない本当の話。フィルム編・カメラ編・写真業界編

と。もう言いたいこと言いまくりの独演会になってしまって。全然恐縮はしてないんですけど。

毎回誰か聞きにきていただいてましたので。おもろい話できたんじゃないかと思っております。

20952229_1765582890406106_1066478893_o.jpg

そんなわけでございまして。9月は。良いころ合いですので。撮影撮影また撮影していただきたいと。

秋もイベント沢山ありますよね。雪がふっちまう前に。楽しんでおきましょうよ。

グルメイベントやスポーツイベント。10月まで札幌国際芸術祭もありますしねー

なにかとありますね。

マッキナフォトも写真イベント作っていきますよー!!! てなわけで。

9月2日(土)早朝撮影会 朝6:30 マッキナフォト(庭ビルラボ)に集合。
ぶらぶら撮影して。8時ころ朝ごはん食べて解散♪
※参加方法:自由参加(申し込みいらず)
※カメラはなんでもOKです。

9月18日(祝)「マッキナフイルムカメラワークショップ」
AM10:00〜PM17:00ころまで。
場所:マッキナフォトラボ(大通西17丁目庭ビル)
WS内容:フィルムカメラの基礎からみっちり。1日でバリバリ撮影できるようにしてあげます。
    うまくいったら3本くらいフィルムで撮影してもらって。現像も自分でやっていただく予定です。
    カメラを持っていない方でもOK。大歓迎です。カメラレンタルあります。
    カメラの仕組み・カメラの操作・撮影の基本・応用・現像・プリントまで。
    1日どっぷり勉強していただけます♪こんな濃いWSはマッキナフォトだけだぜ。
定員:5名
参加費:¥8.000(カメラレンタル・フィルム・現像・プリント代金含む)
申し込み:お電話 090-7511-6480 メール macchinafoto@ffpartner.net

今から申し込み開始ー!!


posted by ハシグチ ギダイ at 13:03| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

写真屋さんのことをもっと・・・

夏休みだな。

おいらはなかなかいい具合で夏を楽しんでおるぞ。

去年から戻ってきたバイク生活をちょっとづつですけど。

楽しんでおります♪

バイク乗っていろんな所に行ったら。やっぱり写真を撮らないとなんですが。

バイクだとNATURAが限界。(スーパーバイクに乗ってるから荷物積めないの)

NATURAで厳しいときはスマホしかない。

そんなわけで。マッキナさんはかなり写真から離れておる(笑)

まあ元々写真は仕事であって。趣味ではないのだ。

でも、写真の楽しみ方はよーく知ってるから。その感覚はずっと持ったままである。

その感覚をたまにリセットする感じ。もう一度基準値に戻れる方法を知っているからね。

そうそう。

ここ最近。若いお客様や、フィルムカメラを始めたばかりの方が増えてきた感があります。

それは大変うれしいことなんですけど。

はっきり言って。写真屋さんの使い方をよくわかっていないんじゃないか??

と、最近よく思います。

まあそりゃそうだ。

「写真を撮る」ってことが普通にデジカメ・スマホの方たちだからね。

写真屋さんって何するところ?

写真屋さんの仕事ってどんなことしているの?

なんで写真屋さんがあるの?

って

聞けば絶対に思っているはず。

写真屋さんもね。

技術のあるところ。無いところで全然やってることが違うわけよ。

当然マッキナフォトは「ミニラボ」という一般向けの写真屋形態のなかでは。

出来るだけの技術を使って。今までの経験や感覚もフルに使って。

1枚1枚写真を作っているわけなんだが。

ひと昔前は、まあまあありがたがられた仕事だったんですけど(笑)

今はせっかくいろいろなことが出来て。仕上がりの方向性が沢山あるのに。

知らないせいなのか。

興味がないものなのか。

いまいちハッキリとした意思が無いお客様が増えているような。

感じることは。

完全にスマホ世代なわけで。

インスタグラムで、撮った画像は「自分でいじる」

ことが当たり前になっているから。

他人に自分の撮った写真をいじらせること自体が違和感。

そんなことってあるの??って

ことなんだと思ってます。

おっさんから言わせれば。

インスタグラムの補正メニューも。

10年前に写真屋さんがフロンティア(富士の現像機)の補正メニューのセッティングや

お客さんが好む色やコントラストを分析して。全国の写真屋さんにそのノウハウを教えたり。

いろんな写真の作り方を模索してた事。そのまんまよ。

俺たちが作ったよなもんだ(笑)

それがそのまんま自分で操作ができるインスタグラムみたいなアプリが

当たり前だから。

どんどんと写真屋さんとの距離が出来てきたんじゃないかなあと。

でも。

どんなにアプリやカメラやテクノロジーが発達しようと。

写真屋さんじゃないとできないことがあります。

それは。

「印画紙に焼き付けプリント」すること。

フイルムだろうがデジタルだろうが。

インクジェットの写真はあれは仕組みが違います。写真じゃありません。

塗り絵です。

写真屋さんで焼き付ける写真が本物の銀塩写真になります。

グダグダ書くとまたややこしいので。

やめますが。

もし本物に気が付いたら。是非遊びに来てください。

写真屋さんの使い方。マッキナフォトの上手な使い方。

写真の気軽な楽しみ方。

もちろん写真屋さんを使えばお金がかかります。人に仕事を頼む。ってことはそういうことでしょ。

でも思ったよりお金はかからない。って人もいるし。

お金をかける価値があるから。フィルムで撮ると言ってくれる方もいます。

とにかく。興味がある方。

まず1枚のプリントから。

写真屋さんを体験してみてください。

Lサイズ1枚36円のプリントでも。

当たり前だが手を抜きません。

てなわけで。

8月は「写真屋さんをうまく使おう月間」にします。

毎週金曜日・土曜日の夕方6時から7時

「プリント教室」写真の仕組みや写真屋さんの仕事について

を開催します。

参加は自由参加

自分で撮影したフイルム(ネガフイルム・カラーでもBWでもOK)

デジタルデータ(カード・USBで)

参加人数:先着5名まで。

参加費:無料!

8月の金曜日・土曜日6時から1時間。

写真屋さん。写真についていろいろお話しましょう。

初めて人。若い人。カメラ持ってないけど写真に興味のある人大歓迎です♪

是非お気軽に参加してください!

お待ちしております。


MFE_3509.JPG



posted by ハシグチ ギダイ at 15:40| 今日のマッキナフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする